資格取得届と基礎年金番号

従業員を採用したので、社会保険の資格取得届を年金事務所に提出したいのですが、本人が年金手帳を紛失したようで、基礎年金番号を記入できません。どうすれば良いでしょうか?

「資格取得届」と一緒に「年金手帳再交付申請書」を年金事務所(又は事務センター)に提出してください。

20歳以上の方には年金手帳が交付されますので、20歳以上の全ての方に対して基礎年金番号が割り当てられています(外国人は除きます)。

そして、従業員を採用したときは、本人の年金手帳を確認して、社会保険(厚生年金保険と健康保険)の資格取得届に基礎年金番号を記入して、年金事務所(又は事務センター)提出することになっています。

このときに、「年金手帳を失くしたので基礎年金番号が分からない」という方が稀にいらっしゃいます。

数年前に、偽名で健康保険証が発行されていたという不正が判明したため、最近では、本人確認が厳しく求められるようになりました。

そのため、基礎年金番号が未記入のままで資格取得届を提出しても、会社に返戻されます(20歳未満や外国人で基礎年金番号を持っていない方は除きます。)

基礎年金番号は、年金手帳の他には、ねんきん定期便、基礎年金番号通知書、国民年金保険料の納付書や領収書等でも確認できますので、改めて本人に確認するよう伝えてください。なお、年金事務所等に電話で問い合わせても、基礎年金番号は教えてもらえません。

それでも基礎年金番号が分からない場合は、会社が運転免許証等で本人確認をした上で、「資格取得届」と併せて「年金手帳再交付申請書」を提出しなければなりません。

「年金手帳再交付申請書」には、本人の基礎年金番号を特定するために欠かせない情報ですので、職歴等は正しく漏れなく記入してください。

また、資格取得届の住所欄には、本人確認のため、住民票上の住所を記入してください。住所欄に異なる(実際に住んでいる)住所を記入する場合は、備考欄に住民票上の住所を記入してください。