労働契約の反復更新

労働契約法 第17条第2項

使用者は、有期労働契約について、その有期労働契約により労働者を使用する目的に照らして、必要以上に短い期間を定めることにより、その有期労働契約を反復して更新することのないよう配慮しなければならない。

【労働契約の反復更新】の解説です

期間の定めのある労働契約について、必要以上に短い期間を定めて、その労働契約を何度も繰り返し更新することのないよう配慮しないといけません。

よく分からないんだけど。

期間を定めた労働契約を繰り返し更新して、いつ辞めさせられるか分からないような不安定な状態に置かないよう会社は配慮しないといけないということです。

必要以上に短い期間にしてはいけないということだけど、どれくらいだったら良いの?

個別のケースに応じて判断されるものとして、特定の期間としては明らかにされていません。なぜ、期間を定めた雇用としているのかという目的に照らして判断されます。

なぜって言われても困るなぁ。

例えば、一定の期間雇用しようと考えているときに、その一定の期間を必要以上に細かく区切って反復更新するのではなく、その一定の期間を契約期間とする労働契約を締結するようにということです。

もし、必要以上に短い期間で労働契約をしたときはどうなるの?契約が無効になるの?

いえ。無効にはなりません。期間を定めていない労働契約に切り替わることもありません。