有期労働契約の期間の定めのない労働契約への転換

労働契約法 第18条

同一の使用者との間で締結された二以上の有期労働契約(契約期間の始期の到来前のものを除く。以下この条において同じ。)の契約期間を通算した期間(次項において「通算契約期間」という。)が五年を超える労働者が、当該使用者に対し、現に締結している有期労働契約の契約期間が満了する日までの間に、当該満了する日の翌日から労務が提供される期間の定めのない労働契約の締結の申込みをしたときは、使用者は当該申込みを承諾したものとみなす。この場合において、当該申込みに係る期間の定めのない労働契約の内容である労働条件は、現に締結している有期労働契約の内容である労働条件(契約期間を除く。)と同一の労働条件(当該労働条件(契約期間を除く。)について別段の定めがある部分を除く。)とする。

【有期労働契約の期間の定めのない労働契約への転換】の解説です

有期労働契約が繰り返し更新されて、通算して5年を超えたときに、社員が会社に申込みをすれば、期間の定めのない労働契約に転換できるようになります。

期間の定めのない労働契約?

1年契約とか、決めていた期間が無効になるということで、無期労働契約と呼ばれたりします。

で、その無期労働契約になったら、どうなるの?。

5年が過ぎたら、辞めてもらいたくても、雇い止めができなくなるということです。

契約期間満了で辞めてもらうことができないということね。

はい。無期労働契約に転換して辞めてもらう場合は、雇止めではなく、解雇することになります。でも、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当と認められない場合は、解雇は無効になります

難しそうだね。5年が過ぎたらということは、今いるパートタイマーはどうなるのかな?

5年の通算については、平成25年4月1日以後に開始・更新する有期労働契約から対象になります。

平成25年3月31日以前に契約した有期労働契約の期間はカウントされないんだね。

はい。ですので、平成30年4月1日以降になってから問題が起き始めるかもしれません。

もし、無期労働契約に転換したとして、給料とかはどうなるの?

期間の定めだけを変更するものですので、無期労働契約に転換したときは、直前の有期労働契約のときと同じ労働条件にしないといけません。

正社員にしないといけないということではないのね?

はい。正社員として雇用する義務はありません。パートタイマーならパートタイマーのままで構いません。

平成30年4月1日以降からか〜

無期労働契約への転換の申込みは、有期労働契約の期間が5年を超えることとなる有期労働契約の初日から満了日まで可能とされています。

申し込んで来なかったら放っておいていいんだね。

はい。でも、有期労働契約の期間が5年を超えた後も更新している場合は、引き続き申し込みできることになっています。申込める権利がなくなることはありません。