期間途中の解雇の禁止

労働契約法 第17条

使用者は、期間の定めのある労働契約(以下この章において「有期労働契約」という。)について、やむを得ない事由がある場合でなければ、その契約期間が満了するまでの間において、労働者を解雇することができない。

【期間途中の解雇の禁止】の解説です

期間の定めのある労働契約をしたときは、やむを得ない理由がない限り、その契約期間が満了するまで社員を解雇することができません。

何か理由があれば、契約期間の途中で解雇できるということね。

ええ。ただ、「何か理由があれば」というよりも、ニュアンス的にはもっとハードルが高くて、「解雇せざるを得ないほどのやむを得ない理由」が必要です。

正社員を解雇するときと同じなの?

正社員を解雇するときより条件は厳しいです。契約期間の途中の解雇は、正社員の解雇が認められる範囲より狭いと考えられています。

えっ?じゃー、パートタイマーを有期雇用で契約しているときは、正社員を解雇するより難しい?

はい。期間を定めて契約したということは、社員と会社が合意によって決定したということですから、その期間の雇用を会社が保障していることになります。

正社員は期間を定めないで雇用しているけど、無期懲役とか、無期停学はいつ出てくるか分からないもんね。

まぁ、そうですね。

契約期間の途中じゃなくて、契約期間が終わったときときに辞めてもらうのは良いんだよね?

それは、最初にどのような条件で契約しているのかによります。

と言うと?

契約期間が終わったときに契約が更新されるのかどうか、どのような場合に契約が更新されるのか、それによって更新しないことになっている場合は辞めてもらうことになります。

今、1年以上雇用している期間雇用契約を打ち切る場合は、30日以上前に予告することになっているようだけど、他に追加されたようだね。

はい。1年未満であっても3回以上労働契約を更新したときは、契約を打ち切る30日以上前に予告することが義務付けられました。