就業規則による労働契約の内容の変更

労働契約法 第9条

使用者は、労働者と合意することなく、就業規則を変更することにより、労働者の不利益に労働契約の内容である労働条件を変更することはできない。ただし、次条の場合は、この限りでない。

【就業規則による労働契約の内容の変更】の解説です

会社が一方的に就業規則を変更しても、社員の合意が得られないときは、その就業規則は適用されません。

会社が勝手に就業規則を変更しても無効ということね。

はい。労働基準法では手続きについての規定があって、従業員代表から反対意見が上がってきても就業規則を変更できることになっています。

え、そうなの?

そうなんですけど、判例では、会社が一方的に就業規則を不利益に変更することはできないとされています。

判例法理でそうなっていると。

はい。ですから、最初に就業規則を作成するときは慎重に検討する必要があります。

でも、何十年も前に作った就業規則のままで、ずっと労働条件を変えられないとなると、時代に合わない規定も出てくるんじゃないの?

当然、出てくるでしょうね。そういうときに社員全員の合意が得られれば、就業規則を変更することができます。

合意が得られないときは?

契約については当事者の合意が原則ですから、合意が得られない社員については変更後の就業規則を適用することはできません。

そんなだったら、合意を得られた社員と合意が得られなかった社員で不公平だから、就業規則は変更できないよ。

そうでしょうね。無理やり変更する会社もあるでしょうけど。ただ、例外的に就業規則の変更が認められる場合があって、それが第10条で定められています。