有期労働契約の空白期間

労働契約法 第18条第2項

当該使用者との間で締結された一の有期労働契約の契約期間が満了した日と当該使用者との間で締結されたその次の有期労働契約の契約期間の初日との間にこれらの契約期間のいずれにも含まれない期間(これらの契約期間が連続すると認められるものとして厚生労働省令で定める基準に該当する場合の当該いずれにも含まれない期間を除く。以下この項において「空白期間」という。)があり、当該空白期間が六月(当該空白期間の直前に満了した一の有期労働契約の契約期間(当該一の有期労働契約を含む二以上の有期労働契約の契約期間の間に空白期間がないときは、当該二以上の有期労働契約の契約期間を通算した期間。以下この項において同じ。)が一年に満たない場合にあっては、当該一の有期労働契約の契約期間に二分の一を乗じて得た期間を基礎として厚生労働省令で定める期間)以上であるときは、当該空白期間前に満了した有期労働契約の契約期間は、通算契約期間に算入しない。

【有期労働契約の空白期間】の解説です

有期労働契約が更新されて5年を超えると無期労働契約に転換できるようになりますが、有期労働契約の前後の間に一定の空白期間があるときは、空白期間の前の有期労働契約の期間は通算されません。

空白期間?

普通は期間を定めた雇用契約で、例えば、3月末日までの契約だったら、次の日の4月1日から、また新しい契約を更新するケースが一般的です。

まぁ、そうだね。

それが4月中は契約しないで、改めて5月から契約するような場合です。

その空白期間を設けたら、5年のカウントがリセットされるということね。

はい。そうです。

一定の期間というのは?

1年契約の場合は6ヶ月、1年未満の契約の場合はその契約期間の2分の1の期間です。端数の期間は繰り上げます。

そうすると、6ヶ月契約なら3ヶ月の空白期間、3ヶ月なら2ヶ月の空白期間は必要ということ?

はい。そうなります。