有期労働契約の更新等

労働契約法 第19条

有期労働契約であって次の各号のいずれかに該当するものの契約期間が満了する日までの間に労働者が当該有期労働契約の更新の申込みをした場合又は当該契約期間の満了後遅滞なく有期労働契約の締結の申込みをした場合であって、使用者が当該申込みを拒絶することが、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められないときは、使用者は、従前の有期労働契約の内容である労働条件と同一の労働条件で当該申込みを承諾したものとみなす。

一 当該有期労働契約が過去に反復して更新されたことがあるものであって、その契約期間の満了時に当該有期労働契約を更新しないことにより当該有期労働契約を終了させることが、期間の定めのない労働契約を締結している労働者に解雇の意思表示をすることにより当該期間の定めのない労働契約を終了させることと社会通念上同視できると認められること。

二 当該労働者において当該有期労働契約の契約期間の満了時に当該有期労働契約が更新されるものと期待することについて合理的な理由があるものであると認められること。

【有期労働契約の更新等】の解説です

次のどちらかに該当して、雇止めをするのに客観的に合理的な理由がなくて、社会通念上相当であると認められないときは、雇止めは認められません。

  1. 有期労働契約を反復更新していて、無期労働契約と実質的に同じ状態となっている場合
  2. 有期労働契約の期間が満了したときに、契約が更新されると期待することについて、合理的な理由がある場合

有期労働契約が更新されると期待させるような言動をしてはダメって教えてもらったことがありました。

はい。これは、最高裁の判例として確立している内容が、そのままの内容で労働契約法に規定されました。

どこを見て判断されるのか、もう一度、教えてもらえますか?

雇用の臨時性・常用性、更新の回数、雇用の通算期間、契約期間管理の状況、雇用継続の期待を持たせる会社の言動の有無などを総合的に考慮して、個々の事案ごとに判断されます。

なるほど。

特に、@については契約更新の手続きを慎重に行って、Aについては不用意な言動を避ける等して注意して下さい。

雇い止めが認められないとなると、どうなるの?

有期労働契約が締結・更新されたものとみなされます。

また同じ条件で雇用することになるの?

はい。直前と同じ労働条件で有期労働契約が成立することになります。契約期間も同じです。