労働者の定義

労働契約法 第2条

この法律において「労働者」とは、使用者に使用されて労働し、賃金を支払われる者をいう。

【労働者の定義】の解説です

会社の指示に従って働き、賃金が支払われる者を労働者と言います。

働いて、賃金が支払われる者って、当たり前といえば当たり前だね。

そうですね。ただ、最近は「請負」とか「委任」とか、「労働者」に該当するのかどうか微妙なケースも増えています。

「請負」とか「委任」だったら、この「労働者」にはならないんだよね。

ええ。本当だったら「労働者」にはなりませんけど、実質的に会社の指示に従って働いていて、その報酬として賃金が支払われている場合は「労働者」になります。

ふ〜ん。

「労働者」よりも、「社員」という呼び方が一般的ですので、以降では「社員」と言っています。