使用者の定義

労働契約法 第2条第2項

この法律において「使用者」とは、その使用する労働者に対して賃金を支払う者をいう。

【使用者の定義】の解説です

社員に賃金を支払う者を使用者と言います。

賃金を支払う者が「使用者」であると。

はい。労働者の定義と同じように、形式上は「請負」とか「委任」としていても、実質的に相手が「労働者」と判断されたら、こちらは「使用者」として取り扱われることになります。

「使用者」になったらどうなるの?

ここで義務付けられていることを怠っていると、法律違反をしていることになります。

ふ〜ん。

「使用者」よりも、「会社」という呼び方が一般的ですので、以降では「会社」と言っています。