労働契約の成立

労働契約法 第6条

労働契約は、労働者が使用者に使用されて労働し、使用者がこれに対して賃金を支払うことについて、労働者及び使用者が合意することによって成立する。

【労働契約の成立】の解説です

社員が働いて、会社が賃金を支払うことについて、社員と会社が合意すれば労働契約が成立します。

はい。

一般的な契約というのは当事者の合意によって成立することが原則とされていまして、この合意の原則は労働契約の成立についても当てはまることを確認した条文です。

文書を交わしていなくても労働契約は成立するの?

はい。「社員が働くこと」と「会社が賃金を支払うこと」について合意すれば、文書を交わしていなくても労働契約は成立します。

働かせるだけ働かせて、後で「契約した文書がないから賃金は支払わない」っていうことは通用しないんだね。。

もちろんです。ただ、労働基準法で、一定の事項については文書で通知することが義務付けられていますから、何も書類がないということはないでしょう。