労働契約の内容と就業規則の関係

労働契約法 第7条

労働者及び使用者が労働契約を締結する場合において、使用者が合理的な労働条件が定められている就業規則を労働者に周知させていた場合には、労働契約の内容は、その就業規則で定める労働条件によるものとする。ただし、労働契約において、労働者及び使用者が就業規則の内容と異なる労働条件を合意していた部分については、第十二条に該当する場合を除き、この限りでない。

【労働契約の内容と就業規則の関係】の解説です

労働契約を結ぶときに、労働契約として定めていなかった部分については、就業規則で定めている内容が適用されます。ただし、その就業規則が合理的な内容で、社員に周知させている場合に限ります。
なお、社員から見て、就業規則より有利な条件で労働契約を結んだときは、その労働契約が優先されます。

採用するときは雇用契約書を通知して、「これ以外のことは就業規則に書いてあるから」って説明しているけど、それで良いっていうことね。

はい。その就業規則を周知させていて、合理的な内容であれば、それで良いです。就業規則で定めている内容が、労働契約の内容となります。

周知っていうのは?

社員が就業規則を見たいと思ったときにいつでも見られる状態にしておくことです。

書棚に置いてあるから、それで良いね?

はい。金庫に保管していたり、社長の机の中にしまっていたりして、社員が見たくても見られない状態にしていると、その就業規則は無効になってしまいます。

そのときはどうなるの?

就業規則はないのと同じ、雇用契約書以外に取決めがないということになりますからトラブルが予想されます。

書棚に置いてあれば、それで良いって言ったけど、社員は就業規則の内容を詳しくは知らないと思うんだけど。

就業規則の内容や存在を社員が知っているかどうかは条件とされていません、あくまでも「周知」が条件ですから、知らないというのは社員の自己責任です。法律も知らなかったというのが通用しないのと同じです。

ところで、就業規則が合理的な内容っていうのは?

これは個々の内容で判断されます。例えば、就業規則に労働基準法に違反する内容を定めている部分があった場合は、その部分は適用されません。労働基準法の内容が適用されます。

無効になるのはその部分だけで、就業規則全体が無効になるということではないんだね。

はい。他の合理的な労働条件を定めている部分ついては、その就業規則が適用されます。

小さい会社で就業規則を労働基準監督署に届け出ていない場合は?

10人未満の会社は就業規則の作成義務がありませんけど、合理的な労働条件を定めている就業規則で、周知もしていれば、その就業規則を適用できることになります。

就業規則の内容と労働契約の内容が違っているときは?

後半の部分ですね。就業規則で定めている労働条件よりも有利な内容で、社員と個別に合意していたときは、その合意していた内容が優先されます。

就業規則と労働契約を見比べて、社員にとって有利な方が適用されるということね。

はい。そういうことです。