船員に関する特例

労働契約法 第21条第1項

第十二条及び前条の規定は、船員法(昭和二十二年法律第百号)の適用を受ける船員(次項において「船員」という。)に関しては、適用しない。

労働契約法 第21条第2項

船員に関しては、第七条中「第十二条」とあるのは「船員法(昭和二十二年法律第百号)第百条」と、第十条中「第十二条」とあるのは「船員法第百条」と、第十一条中「労働基準法(昭和二十二年法律第四十九号)第八十九条及び第九十条」とあるのは「船員法第九十七条及び第九十八条」と、第十三条中「前条」とあるのは「船員法第百条」とする。

【船員に関する特例】の解説です

船員法の適用を受ける船員については、第12条(就業規則違反の労働契約)、第17条(期間の定めのある労働契約)の規定は適用しません。また、船員法で規定のある部分については、船員法の条文番号に置き換えて適用します。

うちは船員はいないから関係ないね。

船員法にも同じ趣旨の規定がある箇所については、労働契約法ではなく船員法を適用することになっています。