就業規則違反の労働契約

労働契約法 第12条

就業規則で定める基準に達しない労働条件を定める労働契約は、その部分については、無効とする。この場合において、無効となった部分は、就業規則で定める基準による。

【就業規則違反の労働契約】の解説です

労働契約として合意していた労働条件が、就業規則で定めている労働条件よりも劣っている場合は、その部分は無効になって就業規則が適用されます。

似たような規定があったね。

はい。第7条で、労働契約の内容が就業規則の内容よりも有利なときは、労働契約が適用されます。

こっちは、労働契約の内容が就業規則の内容より不利なときは、就業規則の内容に引き上げられる。

はい。要するに、就業規則と労働契約で、項目ごとの労働条件を比較して有利な方が有効になります。

労働契約の全部が無効になるというのではなく、不利な内容を定めている部分だけが無効になるということね。

はい。その部分以外は有効です。