労働契約の原則

労働契約法 第3条

労働契約は、労働者及び使用者が対等の立場における合意に基づいて締結し、又は変更すべきものとする。

【労働契約の原則】の解説です

労働契約の締結や変更は、社員と会社が対等の立場で合意して成立するものです。

対等の立場って言われても、どうしたら良いの?

この規定は労働契約の原則を示したものですから、そういうふうに心掛けていれば結構です。

脅迫とかしていなければ良いっていうこと?

う〜ん。もう少し頑張って下さい。

もう少し?

普通は会社の方が交渉力がありますから、社員にとって必要と思われる内容はキチンと説明してあげて、会社の言いなりで労働契約を締結(変更)することのないようにして下さい。

現実問題として、対等じゃないから対等にするようにということね。

まぁ、そういうことです。