労働契約の内容の書面による確認

労働契約法 第4条第2項

労働者及び使用者は、労働契約の内容(期間の定めのある労働契約に関する事項を含む。)について、できる限り書面により確認するものとする。

【労働契約の内容の書面による確認】の解説です

労働契約の内容については、できるだけ書面で確認する必要があります。

口頭じゃなくって、書面で確認するようにということね。

はい。社員と話し合った上で、労働条件として合意した内容についてはできるだけ書面を作って社員に手渡すようにして下さい。

後で、「言った」、「言わない」ってなったら面倒だもんね。

そうです。特に期間の定めのある労働契約については、契約期間が終わったときに契約が更新されるのかどうか、どのような場合に契約が更新されるのか、といった契約の更新についてもハッキリさせておいた方がお互いに良いと思います。

誤解が減るし、社員もその方が安心して、納得して働けるだろうね。

この規定も第1項と同じように、採用時や労働契約の内容を変更するとき等、広い場面が想定されています。