法令及び労働協約と就業規則の関係

労働契約法 第13条

就業規則が法令又は労働協約に反する場合には、当該反する部分については、第七条、第十条及び前条の規定は、当該法令又は労働協約の適用を受ける労働者との間の労働契約については、適用しない。

【法令及び労働協約と就業規則の関係】の解説です

第7条、第10条、第12条で、一定の場合は就業規則で定める労働条件が労働契約の内容になることを規定していますが、その就業規則が法律や労働協約に違反している場合は、その違反している部分は就業規則が適用されません。

就業規則に置き換えられるときでも、就業規則が法律に違反していたらいけないということね。

はい。労働基準法で、就業規則は法律や労働協約に違反してはならないと定められています。

労働協約っていうのは?

会社と労働組合で定めた協約のことです。

うん。

就業規則は形式上は会社が一方的に作成、変更できることになっていますが、労働協約は会社と労働組合が合意して協約するものです。

合意して。

そう。労働組合の意思が反映されているということで、労働基準法において労働協約は就業規則より上に位置付けられています。

それで、この13条の内容は?

次の場合は労働契約法によって、労働契約の内容が就業規則の内容に置き換えられることになっています。

そうだった。

そのときに、その就業規則の内容が、法律や労働協約に違反している場合にも置き換えられると不味いので、そのときは就業規則を適用しないということです。

適用しないとどうなるの?

法律や労働協約に定めているとおりになります。