出向

労働契約法 第14条

使用者が労働者に出向を命ずることができる場合において、当該出向の命令が、その必要性、対象労働者の選定に係る事情その他の事情に照らして、その権利を濫用したものと認められる場合には、当該命令は、無効とする。

【出向】の解説です

会社による出向命令が、権利を濫用したものと認められる場合は無効となります。権利濫用に当たるかどうかは、出向を命じる必要性の有無、社員の選定が適切かどうか等の事情を考慮して判断されます。

権利の濫用でないときは、出向は認められるということね。

はい。判例法理によって、就業規則や労働契約で出向を命じる旨の規定がある場合は、会社には出向を命じる権利があるとされています。

就業規則や労働契約で定めていないときは?

そのときは社員の合意が必要で、合意が得られないと出向させることはできません。

就業規則や労働契約で出向を命じることを定めていれば、社員の合意がなくても出向を命じることができるの?

はい。出向を命じることを定めていれば、個別の合意までは求められていません。

ふ〜ん。会社には出向を命じる権利があるけれども、濫用をしてはいけないと。

はい。例えば、全く必要性がないのに出向させるとか、組合つぶしを目的に出向させるとか、労働条件が悪化するような場合は権利濫用と判断されるでしょう。

どういう場合だったら良いの?

技術の習得や伝授、人材交流、雇用の維持、キャリア形成を目的にして、賃金が低下する場合はある程度の補助をして行うのでしたら問題はないでしょう。

うん。

ちなみに、この出向は在籍出向をいうもので、転籍(籍も移される)は含まれていません。