応募者の健康状態を確認する質問とは?

採用面接で、応募者の健康状態を確認したいのですが、プライベートの問題もあって、どこまで聴いて良いのでしょうか?

このような質問はいかがでしょうか。
「病気を理由に、会社(学校)を休んだことはありましたか?」

また、続けて、「それは1年で何日くらいでしたか?」と聴いて下さい。

「健康状態はいかがですか?」といった漠然とした質問に対しては、余り良くなくても「良好です」と答えます。

「1年で何日?」といった具体的な質問に対しては、なかなかウソは言いにくいものです。ためらいながら答えたり、答え方が他の質問と異なっている場合は要チェックです。

また、休んだことがある場合は、その病名や原因、重度の病気や心の病なら完治したのかどうか、再発する可能性、残業や体力の必要な仕事ができるか、も聞いておきましょう。

病気はプライベートの問題ですので、当然、興味本位で聴くことは許されませんが、仕事を行う上で支障が生じる可能性があることは聴いても構いません。

そもそも、労働契約というのは、会社の指示に従って業務を行い、その対価として賃金を支払うという契約です。会社の指示に従って業務を行えることの確認は必要で、健康状態が良好であることは重要な前提条件です。

もし、健康状態を確認しないで、入社後に、例えば、うつ病で通院していることが発覚したりしても、その事実だけでは解雇できません。会社が確認していないのですから、本人に虚偽などの落ち度はありません。

また、仕事で無理をさせて、万一病気が悪化すると会社の責任になってしまうことがありますので、健康状態は必ず確認しましょう。