長時間労働の抑制のための自主点検表

長時間労働の抑制のための自主点検表

「長時間労働の抑制のための自主点検表」という書類が送られてきたのですが、これは何でしょうか?

長時間労働を抑制するための取り組みとして、労働基準監督署が実施しているものです。自主点検をして、記載方法に従って提出して下さい。

「36協定」の届出について、通常の「36協定」とは違って、限度基準として定められている月45時間、年360時間を超える「特別条項付の36協定」を届け出ている会社があります。

そして、最近は、過労死等防止対策推進法が施行されたりして、長時間労働に対しては、数年前から重点的に監督指導が行われています。

その一環として、「特別条項付の36協定」を届け出ている会社に、労働基準監督署から「長時間労働の抑制のための自主点検表」が郵送されることがあります。

「長時間労働の抑制のための自主点検表」はこちらからダウンロードできます。

そして、

  1. 自主点検表が郵送されているのに、期限までに提出しない
  2. 月80時間を超える時間外労働を行っている
  3. 自主点検により違法な取り扱いが判明した

という会社は、改めて労働基準監督署による調査が行われる可能性が高くなります。

自主点検表を予め送付することによって、労働基準監督署にとっては、違反している企業を把握しやすくなって、調査を効率的に行えるようになります。

そして、自主点検により「改善が必要です」という項目があった場合は、早急に改善して下さい。労働基準監督署による調査が行われたときは、必ずチェックされます。調査が行われる前に改善できていれば、是正勧告や指導をされることはありません。

実際に、月45時間、年360時間を超える時間外労働を行っている会社は仕方がないですが、「特別条項付の36協定」を届け出ていると、労働基準監督署による調査が行われる可能性が高くなります。