インフルエンザの予防接種

メンタルヘルスの相談窓口

インフルエンザの予防接種を社員に義務付けることはできるのでしょうか?

会社が社員にインフルエンザの予防接種を義務付けることは問題があります。

インフルエンザの予防接種については、一昔前までは小学校で集団接種として強制的に行われてきましたが、安全性や有効性の問題が指摘されたため、現在は個別に接種することになっています。

このような経緯がありますので、会社としては、安全性や副作用のリスクを考えると、業務命令として、社員に予防接種を義務付けること、強制することは問題があります。

社員にインフルエンザの予防接種を受けさせたいのであれば、義務や強制とするのではなく、予防接種の費用を会社が負担することにして、社員が”自発的に”予防接種を受けるようにするのが望ましいです。

また、勤務時間中に予防接種を受けに行っても良い(その時間は通常の賃金を支払う)といった配慮をすることも考えられます。

なお、会社がインフルエンザの予防接種を受けるよう”説得すること”は問題ありません。注射をしてアレルギー反応が出たことがある、といった理由があって予防接種を拒否する方もいます。

会社が予防接種を強制することはできませんので、社員が予防接種を受けないからといって、懲戒処分を行ったりすることはできません。