年次有給休暇の買い取り金額

年次有給休暇を買い取る場合は、いくらで買い取れば良いのでしょうか?

買い取り金額は、会社が自由に決めることができます。

こちらでお伝えしましたとおり、原則的には、会社が年次有給休暇を買い取ることは禁止されています。しかし、例外的に、退職により消滅する年次有給休暇を買い取ることは可能とされています。

年次有給休暇を買い取るかどうかは会社の自由ですので、社員から年次有給休暇の買い取りを求められても、会社はこれを拒否できます。したがいまして、買い取り金額も会社が自由に決めることができます。

金額はケースバイケースで、特別な事情がある場合は通常の賃金に近い金額に、特別な事情がない場合は低い金額になります。

例えば、会社から退職勧奨をする場合は、退職に応じてもらうために、通常の賃金と同じ金額かそれ以上の金額で買い取るよう社員に提示するケースが多いと思います。

また、引き継ぎのために、社員が希望していた年次有給休暇の取得を取り消すよう会社からお願いするような場合は、双方が譲歩して半額程度が基準になるのではないでしょうか。

このように、会社が年次有給休暇を買い取る代わりに、社員に何かを求める場合は、交渉をして社員と合意した金額で買い取ることになります。