懲戒

労働契約法 第15条

使用者が労働者を懲戒することができる場合において、当該懲戒が、当該懲戒に係る労働者の行為の性質及び態様その他の事情に照らして、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、当該懲戒は、無効とする。

【懲戒】の解説です

会社による懲戒処分が、権利を濫用したものと認められる場合は無効となります。権利濫用に当たるかどうかは、懲戒の原因となった社員の行為の性質や程度などの事情を考慮して判断されます。

権利の濫用でないときは、懲戒処分を行ってもいいということね。

はい。判例法理によって、就業規則や労働契約で懲戒処分を行う旨の規定がある場合は、会社は懲戒処分が行えるものとされています。

就業規則や労働契約で定めていないときは?

そのときは社員の合意が必要で、合意が得られないと懲戒処分を行うことはできません。

就業規則で定めていたらいいんだね。

はい。ただ、注意点がありまして、こういうときは懲戒処分を行うという事由(原因となる事実)と懲戒処分の種類を記載しておく必要があります。

うん。

そして、懲戒の事由と懲戒の種類が釣り合っていないと、権利濫用となります。

大したことでもないのに、重い処分をしてはいけないということね。

はい。