嘱託社員と介護休業

嘱託社員の介護休業の申し出は認めないといけないのでしょうか?

再雇用した嘱託社員が、介護休業の申し出を行ったときは、これを認めないといけないのでしょうか?

期間を定めて雇用される者については、原則として、介護休業を与えなくてもいいのですが、育児介護休業法により、次の3つの条件を全て満たすときは、申し出があれば与えないといけません。

  1. 1年以上雇用されていること
  2. 介護休業開始予定日から93日を経過する日(93日経過日)の翌日以降も引き続き雇用されることが見込まれること
  3. 93日経過日から1年を経過する日までに労働契約の期間が満了しており、かつ、契約が更新されないことが明らかでないこと

分かりにくいですが、要するに、再雇用の期限となる退職予定日までの期間が、1年と93日以内の申し出については、介護休業の取得を拒否できます。

一方、1年と93日より前の申し出については、介護休業の取得を認めないといけません。

法律的には以上のとおりです。

言うまでもないことですが、与える義務がなくても、これまでの長年の貢献度もありますし、気持ちよく退職してもらうためにも、可能であれば希望どおり与えるのが望ましいです。