残業時間の切り捨て

30分未満の残業時間は切り捨てても良いでしょうか?

労働基準法上、日々の残業時間については、1分単位で計算しないといけないことになっています。

残業手当は、実際の残業時間に基づいて支払わないといけません。これが大原則で、切り捨てることはできません。

ただし、タイムカードの設置場所と職場が離れていたりして、実際に毎日数分間は業務を行っていないことが合理的に説明できれば、10分程度の切り捨てなら認められるケースもあります。

しかし、社員の申告に基づいて労働基準監督署の調査に入られたり、裁判になったりすると、厳格に判断されますので、1分単位で計算して支払わされるケースが多いです。

あくまでも日々の残業時間については、1分単位で計算することが原則となっています。問題が起きないようにするためには、1分単位で計算して下さい。

また、タイムカードで処理をしている場合は、始業の直前、終業の直後に打刻するよう指導して下さい。

それが面倒でしたら、残業命令を30分単位で行うことにすれば、その単位時間で計算することは可能です。もちろん、実際の残業時間も指示どおりの時間で終わらせて下さい。

なお、日々の残業時間を1分単位で集計した「1ヶ月の残業時間の合計」で、1時間未満の端数がある場合に、30分未満を切り捨てて、30分以上を1時間に切り上げることは、通達により認められています。切り捨てだけをすることは認められていません。