SNS等への書き込みの制限

SNS等への書き込みの制限

最近、ツイッターやフェイスブック等への書き込みが原因で問題になるケースが増えているようなので、当社でも何か対策を講じたいと考えています。どうすればいいでしょうか?

就業規則の中に、懲戒処分を行う事由として当てはまる規定がある場合は、その規定に基づいて懲戒処分を行うことができます。

まずは、就業規則を確認してください。懲戒処分を行う事由として、一般的に、次のような規定が定められていると思います。

社員のSNS等への書き込みが、上のいずれかに該当するときは、これらの規定に基づいて、会社は懲戒処分を行うことができます。

次に、より注意を促したいのであれば、次のような規定を服務規律の遵守事項の1つとして追加してはいかがでしょうか。

「会社の許可を受けずに、会社、従業員及び取引先に関する事項について、掲示板、SNS及びブログ等への書き込みをしないこと」

会社に損害を与えたり、機密を漏らしたりして、問題が大きくなる前に、書き込み自体を禁止行為(会社の許可が必要な行為)として定めたものです。

社員のプライベートの書き込みを会社が制限することはできませんが、会社に関連する書き込みは、ある程度は会社が制限できると考えられます。

このような規定を追加しておけば、違反行為がより具体的で分かりやすくなります。会社としても、指導や注意がしやすくなります。

更に、もっと注意を促したいということであれば、会社で「ソーシャルメディアの利用に関するガイドライン」を作成したり、ソーシャルメディアに関して社員教育を行ったりすることも考えられます。