定期健康診断の項目

健康診断には色々な種類があるようですが、会社が行う定期健康診断で、実施が義務付けられている項目は、どんなものがあるのでしょうか?

労働安全衛生法により、定期健康診断で実施が義務付けられている項目は、次のとおりです。

  1. 既往歴、及び、業務歴の調査
  2. 自覚症状、及び、他覚症状の有無の検査
  3. 身長(※)、体重、腹囲(※)、視力、聴力の検査
  4. 胸部エックス線検査(※)、及び、喀痰検査(※)
  5. 血圧の測定
  6. 貧血検査(血色素量、赤血球数)(※)
  7. 肝機能検査(GOT、GPT、γ−GTP)(※)
  8. 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)(※)
  9. 血糖検査(※)
  10. 尿検査(尿中の糖、蛋白の有無の検査)
  11. 心電図検査(※)

なお、(※)については、それぞれ定められている年齢等の基準に基づいて、医師が必要でないと認めたときは省略できます。

これらの項目を満たしている健康診断であれば、どの医療機関(健診機関)が行っているものでも構いません。

医療機関(健診機関)に、定期健康診断の問い合わせや申し込みをするときに、「企業健診です」と伝えれば、必要な項目を満たした健康診断を案内してもらえるはずです。