採用証明書(再就職手当)

採用証明書(再就職手当)

先日、ハローワークを経由して社員を採用したのですが、その際に、その社員から「就職したことを証明する書類を書いて欲しい」と頼まれました。これまで何度か書いたように思うのですが、何も言って来ない社員もいました。この書類は何でしょうか?

「再就職手当」を受給するときに必要な書類です。

会社を辞めて失業したときは、通常は「失業給付」がもらえます。この「失業給付」は、離職理由や勤続年数によって、90日や120日など、もらえる期限(所定給付日数)が定められています。

そして、この「失業給付」を全部もらい切る前に、所定給付日数を3分の1以上残して再就職した場合は、「再就職手当」がもらえます。

「再就職手当」は、もらい損ねた「失業給付」の替わりに支給されるもので、早期の再就職を促進するための制度です。

なお、「再就職手当」の支給額は、所定給付日数の残日数に応じて、「失業給付」の50%又は60%です。

この「再就職手当」を受給するために、再就職したことを証明する書類として、お問い合わせのあった「採用証明書」という書類をハローワークに提出することになっています。

「採用証明書」の記入を頼んで来られた方は、「再就職手当」を受給される方ということです。申請には提出期限(再就職して1ヶ月以内)が定められていますので、できるだけ早く書いてあげて下さい。